医療法人 福井心臓血圧センター / 福井循環器病院

0776-54-5660(代) 〒910-0833 福井市新保2丁目228番地
文字サイズ

病院紹介

不整脈 アブレーション
 

心臓の活動と不整脈


 心臓は全身に血液を送り出すポンプです。心臓は4つの部屋(右心房、左心房、右心室、左心室)に分かれており、それぞれの部屋が拡張と収縮を繰り返すことによって、血液を循環させています。
もちろん4つの部屋が勝手に動くと能率が悪いので、それぞれに適切なタイミングで命令を出すためのシステムが有ります。これを「刺激伝導系」と呼んでいます。

伝導系

正常の状態では、心房の上部にある洞結節から心臓全体に命令が出ます。
洞結節から送られた命令は心房全体に広がり、房室結節へ伝わります。
房室結節は命令を心室へ伝え、心臓全体が収縮します。
この刺激伝導系を流れる電気信号の発生や伝達が正常ではない状態を不整脈と呼びます。
不整脈には様々な種類のものがあり、それぞれ重症度や治療方法も異なります。

 

電気生理学的検査


 心電図検査、ホルター心電図検査等により、ある程度方針や治療法を決めることが出来ます。
ただし通常の薬物治療等で効果が低く、より詳細な評価が必要な場合、不整脈が原因と思われる症状でも、明らかに証明できない場合、カテーテル・アブレーションや植込み型除細動器移植術等の手術を行う場合には、心臓内部にカテーテルという細い管を入れ、電気信号の発生や伝達の状況を直接観察し、また不整脈を誘発して性質を詳しく調べる必要があります。この検査を電気生理学的検査といいます。
 
 

カテーテル・アブレーション


 電気生理学的検査によって、頻脈性不整脈が心臓内の局所的原因で生じている事が判明した場合、その部分を焼灼する事により不整脈の根治が可能です。
この治療をカテーテル・アブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)と呼びます。
電気生理学的検査と同様、心臓内部にカテーテルを入れて行いますので、電気生理学的検査に引き続き行われる事が普通です。

不整脈の治療としてはカテーテル・アブレーション以外に、薬剤、外科手術等が有ります。
薬物治療は簡便ですが、
〕効性が高くない事
継続的服用が必要な事
新たな不整脈の出現や心不全などの重篤な副作用がある事、等の欠点があります。

外科手術は成功率は高いのですが、身体への負担が大きい為、現在ではカテーテル・アブレーションではうまく治療できない場合に限って施行する事が殆どです。

不整脈の治療は、治療の必要性、治療の副作用や合併症、症状の強さ等を総合的に判断して決定します。

 発作性上室頻拍、通常型心房粗動、心房頻拍、特発性心室頻拍といった不整脈では、カテーテル・アブレーションの成功率が90%程度と高く、薬物治療より効果的で、安全性にも優れている事が示されています。
また、基礎心疾患のある心室頻拍、心臓手術後に出現した各種の頻拍では、カテーテル・アブレーションの成功率は2〜5年で50〜70%前後と高くはありませんが、薬物治療が困難である事が多いため、カテーテル・アブレーションを試みる価値が有ると考えられます。